コロナ関連通知集

自粛

注意

新生活様式

東京連盟からのコロナ関係の通知

   今後の活動の参考にしてください。

 以下の表記 は 中止・自粛は赤、注意して実施は黄、全面解除は緑で表現しました。

自粛

東京連盟20210411

東京連盟20210411 東京都の「まん延防止等重点措置」の適用に伴う、指導者養成訓練事業について (1).pdf

今般、東京都が「まん延防止等重点措置」の適用となりました。適用に伴い、東京連盟では2021 年度指導者養成訓練事業について、下記のとおり対応いたしますのでお知らせいたします。

期 間 : 2021 年 4 月12 日(月)~ 5 月11 日(火)

※ 期間が延長された場合は、その期間に従う。

対象事業

1. ウッドバッジ研修所スカウトコース東京第17 期、第18 期

県境を越えた外出の自粛を要請されていますので、開設中止とします。

2. 団委員研修所第34 期

対象地域に開催会場があるため、開設中止とします。

しかし、2020 年度も開設中止としましたので、改めて、今年度中に開設を検討します。

3. ボーイスカウト講習会

重点措置期間中の開催は、中止または延期とします。

なお、延期の場合は変更の日程について、事務局までお知らせください。

東京連盟20210411 東京都の「まん延防止等重点措置」の適用に伴う、指導者養成訓練事業について (1).pdf

注意

東京連盟20210326

2103理事会 R07 東京連盟におけるCOVID-19からの出口戦略(案).pdf


東京連盟におけるCOVID-19 からの出口戦略(案)

東京連盟「セーフ・フロム・ハーム」・安全委員会

2021.3.26

1.はじめに

新型コロナウイルス感染症・感染拡大防止による非常事態宣言解除後の安全・安心なスカウト活動を行うために、日本連盟(2020.11.20.22 ver03.1)発「ス

カウト活動における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」及び東京連盟村山県連盟コミッショナーの通達を受け、東京連盟では活動における感染及びその拡大のリスクを可能な限り低減するための留意点について政府及び自治体等の情報を参考に出口戦略(案)としてまとめました。

2.出口戦略(案)の目的

① 各地区で感染拡大防止に取り組みながら、「新しい生活様式」に対応したスカウト活動を行っていくための考え方を示す。

② 感染拡大予防のための遵守すべき留意点を示す。

③ 活動に関連して感染が拡大する事態が起きた時の対応について示す。

3.活動再開条件

④ 非常事態宣言が解除されていること。

⑤ 日本連盟の活動自粛が解除されていること。

4.活動計画時における感染の予防策

①活動内容においては、基本的には新しい生活様式の徹底した対応により行います。新しい生活様式については、厚生労働省が公表している実践例も参考にしてください。

具体的には、計画の段階から「3 つの密」を避けた計画の徹底を行う必要があります。

実施計画書には「3 つの密」欄を設けるとよいでしょう。また、季節や天候に合わせ「熱中症」についても考慮する必要があります。

②混雑時の電車・バスの乗車は避ける

③成人指導者会議においても同様

※厚生労働省「新しい生活様式の実践例」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html

5.活動の条件

① 「三つの密」を避ける

② 消毒・丁寧な手洗い(石鹸はハンドソープや紙石鹸が良いでしょう)

マスクの着用(替えのマスクを常備しておくと良いでしょう)

③ 文房具等は個人で準備する

④ 器具・用具などは1 人1 個用意する用意できない場合は、使用前・使用後に消毒をする

⑤ 飲食は各自持参し、昼食はなるべく屋外で、間隔を開けて座り、おしゃべりをしない

⑥ 休憩時には特に「三つの密」にならないよう配慮する

⑦ トイレを使用する際には、必ず手洗い・消毒を徹底する

⑧ 調理プログラムは感染リスクが高まるので十分な検討が必要

・地域の状況により検討を行う

・消毒、丁寧な手洗い、マスクの着用

・屋外で行う

・横並びで間隔を開け、おしゃべりをしないで調理する

・食器は個々の「飯盒」や「メスティン」などを使用する

6. 地区(部門のラリー・地区ラリー等)や東京連盟(PWD・サマーキャンプ・RS10

0kh等)の事業

① 2 週間前から健康チェックを行う

② 計画時に場面場面での「三つの密」をシュミレーションする

③ 消毒・手洗い・マスクの着用

④ 屋外でも大きな声を出さない

⑤ 年次総会や賀詞交換会時の懇親会は地域の感染状況を把握の上熟慮する

7. 宿泊を伴う活動

① 県連コミッショナーの方針に従う

② 活動地域が他県である場合は、活動先の県連盟の方針を確認しておくまた、県外旅行申請書の提出

8. 再開時の具体的なチェック表

① 体温・健康チェック表(別表参照)※指導者もチェック行う

② 新型コロナウイルス対策チェック表(別表参照)

9.COVID-19 対応マニュアル (別冊)

東京連盟20210326 2103理事会 R07 東京連盟におけるCOVID-19からの出口戦略(案).pdf

東京連盟20210322

2103理事会 N01 1都3県の緊急事態宣言解除を受けて.pdf

2021年3月22日

1都3県を対象とした緊急事態宣言解除を受けて

ボーイスカウト東京連盟

県連盟コミッショナー 村山 大介

日頃より本運動にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。3月21日に1都3県を対象とした緊急事態宣言が解除されました。昨年の3月から新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止のため学校が臨時休校となり、6月から授業を再開したもののその後も感染者が増大したため1回目の緊急事態宣言が発せられました。1回目の緊急事態宣言解除後も感染者の減少に至らなかったため、1月8日に2回目の緊急事態宣言が発せられました。このたび緊急事態宣言が解除されましたが、感染者数は下げ止まりの状況が続いています。昨年の3月以降東京連盟ではスカウト、スカウトの家族、スカウト関係者の健康と命を守るため、宿泊を伴う行事、通常のスカウト活動、指導者訓練一時的に休止や中止などの対応を取ってきました。

隊、団指導者の皆様におかれましては自粛期間中、スカウトの健康と命を守ることを最優先にご理解、ご協力をいただきありがとうございました。

《緊急事態宣言の解除を受けて》

1 日常の活動について

緊急事態宣言が解除されましたが感染者数の下げ止まり、今後リバウンドにより再び感染者数が増える恐れもあることから感染防止や感染拡大予防については継続することが必要です。しばらくは「スカウト活動における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン

https://www.scout.or.jp/member/covid19_scout_guideline/ 」に基づく活動をお願いします。

特に以下の点について引き続き対応をお願いいたします。

・集会前の検温、健康観察(聴き取り、記録)を実施する。

・マスクの着用を徹底する。

・手指の洗浄、消毒、共用物品、設備等の使用前後の消毒を徹底する。

・室内における集会時の換気を徹底する。

・相手との適切な距離を保つ。

・大きな声で会話をしたり、歌を歌うことは自粛する。

・東京都、区市町村の感染予防策に従う。

2 宿泊を伴う活動について

これからの季節は夏のキャンプや舎営などの宿泊行事に向けて準備が始まります。訓練キャンプなどでは健康観察と感染予防対策を十分に検討し実施してください。また、舎営などで宿泊施設を利用する場合の宿泊施設の感染予防の取組みについて実地踏査時に必ず確認してください。また、施設が所在する県、市区町村の感染予防対策、万が一感染をした場合の対応方法を十分調べ、それらに従って対応してください。事前に保護者に十分説明し理解を得たうえで実施をしてください。

3 東京連盟が実施する指導者訓練について

東京連盟が実施する指導者訓練についてはこれまで緊急事態宣言前後で発出した内容を基に展開します。不明な点は所属地区の地区コミッショナーにお問い合わせください。

今後も新型コロナウイルス感染症からスカウト、スカウトの家族、スカウト関係者を守るため、ご理解、ご協力をお願いいたします。

以上

東京連盟20210322 2103理事会 N01 1都3県の緊急事態宣言解除を受けて.pdf

中止・自粛

東京連盟20210108

 東京連盟20210108 スカウトの皆さまへ 新型コロナウイルス感染への対応について(緊急事態宣言・日本連盟第11報を受けて) (2).pdf

スカウトのみなさんへ

こんにちは。私は東京連盟県連盟コミッショナーの村山大介です。

本日、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に「緊急事態宣言」が出ました。これは新型コロナウイルスに感染する人が新年を迎えても減ることなく、むしろ毎日増えていることから「緊急事態宣言」が出されました。この「緊急事態宣言」を受け、2月7日(日)までのあいだスカウトのみなさんにお願いしたいことがあります。

1 集会や対面による活動は中止とします。ただし、Web(オンライン)などにより行う集会は除きま

す。

2 毎日たくさんの人たちが新型コロナウイルスに感染しています。もしかしたら友達やその家族の方が感染しているかもしれません。感染していることを知ってもその人をいじめたり、仲間外れにしないでください。感染したい人はいません。不幸にも感染してしまったのです。スカウトは仲間を大切にします。辛い思いをしている仲間がいたら優しく、励ましてあげてください。

3 新しい生活習慣(手洗い・消毒、うがい、マスクの着用、人と人との適切な距離)を実行することにより、新型コロナウイルス感染から自分自身を守りましょう。

4 規則正しい生活をしましょう。住んでいる地域や学校によっては分散登校やオンライン学習などで家ですごす時間が多くなるかもしれません。そのような時でも規則正しい起床、食事、就寝をしましょう。また、適度な運動や家の手伝いに取り組みましょう。

スカウト活動が止まることはありません。一人一人が「やくそく」と「さだめ」、「ちかい」と「おきて」を実践することでスカウト活動はつねに止まることなく動いています。今できることを確実に取り組んでいきましょう。スカウトのみなさんの頑張りに期待します。

保護者の皆様へ

日頃よりボーイスカウト運動にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。

ボーイスカウト東京連盟では2021年1月8日に政府から1都3県に発出された「緊急事態宣言」、ボーイスカウト日本連盟「新型コロナウイルス感染への対応について(第11報)」に基づき、2021年2月7日(日)までの期間上記の対応をさせていただくことになりました。これは大切なご子息とご家族の健康を新型コロナウイルス感染から守る取り組みです。東京連盟といたしましては指導者が一丸となってこの危機的状況に対応しております。2022年には日本スカウトジャンボリーが東京を会場として開催されます。新型コロナウイルスが早期に終息し、子供たちがこのジャンボリーに笑顔で参加できることを願っております。

重ねてのお願いとなりますが今後もボーイスカウト運動へのご理解、ご協力をお願いいたします。

東京連盟20210108 スカウトの皆さまへ 新型コロナウイルス感染への対応について(緊急事態宣言・日本連盟第11報を受けて) (2).pdf

東京連盟20210108

 東京連盟20210108 指導者の皆さまへ 新型コロナウイルス感染への対応について(緊急事態宣言・日本連盟第11報を受けて) (2).pdf

新型コロナウイルス感染への対応について

指導者の皆様におかれましては日頃より本運動に御支援いただきありがとうございます。

本日、政府から新型コロナウイルスに係る「緊急事態宣言」が首都圏1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)を対象として発出されました。この「緊急事態宣言」を受けて日本連盟から「新型コロナウイルス感染への対応について(第11報)」が発出されています。東京連盟では「緊急事態宣言」及び「新型コロナウイルス感染への対応について(第11報)」に基づき、本日1月8日(金)から2月7日(日)まで以下の対応をします。ご理解、ご協力をお願いいたします。

1 スカウトの活動について、集会、対面による活動は中止する。※Web を活用した集会等は除く。

文部科学省委託事業(ボーイスカウトとあそぼう!わくわく自然体験あそび)については中止または延期する。

2 指導者の会議、打合せ等はWeb を活用し、少人数であっても集合、対面では行わない。

3 指導者訓練も2に準ずる。

4 1から3については、1月8日(金)から2月7日(日)までの対応方針とするが、2月8日(月)以降、感染状況、自治体からの要請等により対応期間を延長することがある。

子供は感染し発症しても軽症・無症状で済むので、学校を休校にしないということではありません。学校は分散登校やオンライン学習などを行うことで登校を抑制し、人と人との接触を最小限にすること、また、登校時も検温、手指の消毒、マスクの着用、対面での活動を禁止するなど、厳しい感染防止策に取り組んでいます。これはこのような状況下にあっても子供たちに必要な教育活動を止めず、さらに学校がクラスターとなって多くの感染者を出さないよう最大限の努力をしています。

今、私たち指導者がすべきことは新型コロナウイルスの感染拡大を止めることです。そのためには自治体等が示す感染拡大予防の取り組み、新しい生活習慣を私たち自身が実行することが求められています。スカウトの将来、スカウトとその家族の命を守るためにも一丸となってこの危機を乗り越えましょう。

全ての指導者の皆様に重ねてご理解、ご協力をお願いいたします。

東京連盟20210108 指導者の皆さまへ 新型コロナウイルス感染への対応について(緊急事態宣言・日本連盟第11報を受けて) (2).pdf

十分注意して実施

東京連盟20200923

 県外旅行申請受理及び手続休止の一部解除について.pdf

県外旅行申請受理及び手続休止の一部解除

1 県外旅行申請受理及び手続休止解除の理由

 9月に入り日々の感染者数の増減はあるものの、感染及び感染拡大の状況は落ち着いてきている。

 東京都は予断を許さない状況であるが、国及び東京都の感染対策の動向を鑑み、活動自粛の抑制を一部解除しスカウト活動の本格的な再開に向け対応する。 なお、活動に際しては日本連盟の「スカウト活動における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(https://www.scout.or.jp/member/covid19_scout_guideline/)」 及び東京連盟が2020年6月18日に示した「スカウト活動における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに基づく東京連盟におけるスカウト活動及び指導者訓練の再開について(留意点)」を遵守し、新型コロナウイルス感染及び感染拡大予防について努めること。

2 宿泊を伴う活動について

宿泊を伴う活動(キャンプ、舎営等)の自粛については継続する。

 よって宿泊を伴う活動計画に基づく県外旅行申請受理及び手続休止についてはしばらくの期間休止を継続する。

3 その他

(1)県外旅行申請は県外での活動を東京連盟が許認可するための申請及び手続ではない。団委員長の責任の下、活動を実施すること。

(2)団所在地の市区町村及び活動先の道府県市区町村の感染状況、対策を事前に把握し、活動実施の可否について適切に判断すること。

(3)ハイキングなど極力都内での実施に努めること。

東京連盟20200923県外旅行申請受理及び手続休止の一部解除について.pdf

十分注意して実施

県外旅行手続き停止

東京連盟20200804

 県外旅行申請の受理及び手続の休止について(地区コミ宛).pdf

県外旅行申請の手続き停止


東京連盟20200804 県外旅行申請の受理及び手続の休止について(地区コミ宛).pdf

東京連盟の加盟員に新型コロナウイルス感染者が発生した

東京連盟20200801

 200801通達文書(コロナ陽性者の確認).pdf

東京連盟20200801 200801通達文書(コロナ陽性者の確認).pdf

東京連盟20200801

 新型コロナウイルス感染者発生への対応について.pdf

1 「3つの密」を避けること。

2 手指の洗浄、うがい、マスクの着用を必ずする。

3 スカウトの健康状態を把握すること。発熱、咳などの風邪の症状があるときは活動に参加させない。

また、集会後の健康状態についても把握する。

4 スカウト活動における新型コロナウイルス感染及び感染拡大予防対策について、スカウトの保護者に説明し、理解を得た上で、保護者、指導者が連携しスカウトの健康管理を行う。

5 夏季の活動(舎営、キャンプ等の宿泊を伴う活動)については延期もしくは中止する。

6 地域の状況(学校の運営、居住地域の感染状況等)を把握し、活動の可否の参考にする。

7 スカウトの進歩(進級)については、活動自粛等の影響で不利益とならないよう配慮すること。日本連盟、東京連盟から発出されている特別措置を確認し対応する。

8 加盟員から感染者が確認された場合、東京連盟事務局に報告する。


東京連盟20200801 新型コロナウイルス感染者発生への対応について.pdf

十分注意して実施

キャンプなど自粛継続

東京連盟20200720

 東京連盟における新型コロナウイルス感染及び感染拡大予防の取組について)

~夏季の活動(泊を伴う活動)の延期もしくは中止について(再周知)~

(20200720現在).pdf





東京連盟20200720 東京連盟における新型コロナウイルス感染及び感染拡大予防の取組について)~夏季の活動(泊を伴う活動)の延期もしくは中止について(再周知)~(20200720現在).pdf

東京連盟20200708

 【最終版】20200713 新型コロナウイルス感染への対応について(第10報)

~夏季の活動に向けて~(日本連盟)に基づく東京連盟の対応について.pdf

特に、「キャンプなどの宿泊を伴う活動については、野外活動であっても参加者相互が長時間にわたり接触することになりますので活動は自粛してください。」とし、現時点では

夏季までキャンプや宿泊を伴う活動は自粛する

ことをお願いすることとし、それぞれの隊、団で例年に行っている宿泊を伴う夏季のキャンプや舎営でない活動で実施するように、ご指導をお願い申し上げます。

東京連盟20200708 【最終版】20200713 新型コロナウイルス感染への対応について(第10報)~夏季の活動に向けて~(日本連盟)に基づく東京連盟の対応について.pdf

東京連盟20200708

 【最終版】20200708 

夏季の活動計画チェックリストの提出、活用について

東京連盟では「夏季の活動計画チェックリスト」を作成し、計画段階で新型コロナウイルス感染及び感染拡大の予防対策について確認することにより、活動の安全性について担保することにしました。

東京連盟20200708 【最終版】20200713 【地区コミ向け】夏季の活動計画チェックリストの提出、活用について.pdf

十分注意して実施

東京連盟20200525

 20200525 緊急事態宣言解除後の活動再開について.pdf

1 スカウト活動再開に向けて

(1)活動(集会)の前

・自宅を出る前に必ず検温し、検温の結果を指導者に伝えてください。

・活動の前日までに風邪の症状(発熱、咳、くしゃみ、筋肉痛、倦怠感など)がある場合は、活動を欠席し、家庭で様子を見るよう御指導ください。

(2)活動(集会)中

・「3つの密」といわれる「換気が悪い」、「人が密になって集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が集まり接触する恐れのある場所」での活動は避けてください。

・必ずマスクを着用させてください。ただし、激しい運動を伴う活動をするときはマスクを外してください。呼吸困難になったり、熱中症になる恐れがあります。

・人の「手」が触れる場所を触ったら、手をよく洗ってください。石鹸を使い、流水で30秒以上手を洗うことが有効です。また、手が洗えない場合はウエットティッシュやアルコール消毒液を用意し、手を拭けるようにしてください。

・人と人との距離は1mから2m開けることが必要です。スカウト達には相手との距離を片手から両手分開けるよう指導してください。

・6月から8月は屋内で歌を歌うことは控えてください。ハーモニカなどの直接口を接触する楽器やホイッスルの使いまわし(貸し借り)はやめてください。

・活動中、弁当等を食べるときは、人と人との距離を広くとり、対面ではなく横並びに座って食べるなどの工夫をお願いします。

(3)活動(集会)の後

・スカウトの出欠の状況を必ず記録してください。

・スカウトに帰宅後、必ず手指の洗浄、うがいをするよう指導してください。また、活動後体調を崩した場合は必ず指導者に連絡するよう指導してください。

(4)夏季の活動(舎営、キャンプ等)について

7月、8月に実施を予定している舎営やキャンプは延期もしくは中止の検討をお願いいたします。

5月に感染及び感染拡大が収束に向かっていたとしても、今後第二、第三の感染及び感染拡大の波が押寄せる恐れがあります。特に舎営やキャンプはいわゆる「三密」の状態が生じやすい環境です。スカウト、スカウトの家族、スカウト関係者の命、健康を守ることが最優先事項です。御理解、御協力をお願いいたします。

(5)地域の状況について

スカウト活動を再開するにあたっては、地域の学校の様子も重要な判断材料となります。スカウトが通っている学校の通学の状況、学校行事(運動会、文化祭、宿泊行事等)の実施状況を把握し、スカウト活動の実施の可否の参考にしてください。

東京連盟20200525 20200525 緊急事態宣言解除後の活動再開について.pdf

東京連盟20200525

 スカウト活動における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインについて.pdf

東京連盟20200525 スカウト活動における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインについて.pdf

on-lineを除き集会や対面による活動は中止

東京連盟20200417

 スカウトのみなさんへ(20200417).pdf


東京連盟20200417 スカウトのみなさんへ(20200417).pdf

東京連盟20200417

 指導者の皆様へ (20200417).pdf

東京連盟20200417 指導者の皆様へ (20200417).pdf

東京連盟20200417

 東京連盟方針(20200417).pdf


東京連盟20200417 東京連盟方針(20200417).pdf