コロナ関連通知集

自粛

注意

新生活様式

コロナ関係の通知を纏めました。

   今後の活動の参考にしてください。

 以下の表記 は 中止・自粛は赤、注意して実施は黄、全面解除は緑で表現しました。

中止・自粛

第12報20210305(追記)

 緊急事態宣言の再延長に基づき、3月7日(日)までとした活動自粛について、緊急事態宣言解除までとします。(2021.3.5追記)新型コロナウイルス感染への対応について(第12報)

第12報20210305 更新:新型コロナウイルス感染への対応について(第12報)(日本連盟)20210305.pdf

第12報20210205

 新型コロナウイルス感染への対応について(第12報)

~緊急事態宣言の延長を受けて~

新型コロナウイルス感染の拡大について、政府より2月2日に「緊急事態宣言」を10都府県に対して3月7日まで延長する発表がありました。宣言の延長では、これまでの要請から「日中も含めた」外出や移動の自粛など、一層の協力が求められていますことから、先に通報した第11報の内容について、下記のとおり期間などを更新いたします。

改めて、各連盟におかれましては地域の状況に則した対応を慎重にお願いいたします。

未だ収束が見えない状況ではありますが、それぞれの地域でScouting Never Stopsを合言葉に、可能な活動を継続していただくようお願い申し上げます。

<緊急事態宣言への対応>

1. 政府による緊急事態宣言対象地域については、宣言内容および各都道府県知事から要請のある緊急事態措置に則った対応を行う。

すべての集会、会議の中止または延期(オンラインでの集会等は除く)

上記集会には、文部科学省委託事業(ボーイスカウトとあそぼう!ワクワク自

然体験あそび)も含む。

活動自粛は、緊急事態宣言の期間と同じ3月7日(日)までとする。延長期間内に宣言の解除があった場合でも、各都道府県および自治体からの要請に則り、対応する。

2. 緊急事態宣言対象外の道府県では、各自治体からの活動自粛要請などない場合は、『スカウト活動における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン』を参考として、各連盟の方針に基づいた対応を行う。

以上

第12報20210205 新型コロナウイルス艦船への対応について .pdf

中止・自粛

第11報20210108

 第11報202101088新型コロナウイルス感染への対応について_第11報(日本連盟)20210108 (1).pdf


新型コロナウイルス感染への対応について(第11報)

~緊急事態宣言への対応~

新型コロナウイルス感染の拡大について、政府より緊急事態宣言が首都圏1都3県(東京、埼玉、千葉、神奈川)を対象として発出されました。宣言では、これまでの感染状況、クラスターの発生分析などにより、飲食を起点に感染が拡大しているとして、飲食店の夜20時までの営業要請、20時以降の不要不急の外出自粛、職場での7割のテレワーク、イベント・スポーツ観戦などの入場制限が求められています。一方、学校については一斉休校を求めないとされました。このような内容から、スカウト活動とは一見無縁と思われるかもしれませんが、これまでの感染状況は20代、30代の感染者が多く、かつ、その感染者が無症状や軽症で感染を拡大している様子も伝えられており、現在の状況は誰もが感染する、または感染している可能性が高いと思われます。これまでにスカウト活動でのクラスター発生の報告はありませんが、今回の宣言は、スカウト活動と無縁のものでありません。

私たちの活動は、日常の生活の中で余暇として行うものです。まずは、日常生活を安全で安心できるようにすることが急務です。

つきましては、次のとおり、地域の状況に則した対応を各連盟にお願いいたします。

未だ収束が見えない状況ではありますが、それぞれ地域でScouting Never Stopsを合言葉に、可能な活動を継続していただくようお願い申し上げます。

第11報202101088新型コロナウイルス感染への対応について_第11報(日本連盟)20210108 (1).pdf

十分注意して実施

日本連盟20201120.22

 日本連盟20201122ガイドラインc19_scout_guideline_ver03_01.pdf

<スカウト活動における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン>

ガイドラインで引用している文部科学省の『「新しい生活様式」を踏まえた学校の行動基準』が更新されていることから、内容を更新。


日本連盟20201122 ガイドライン c19_scout_guideline_ver03_01.pdf

日本連盟20201122

 日本連盟20201122 20-784号(教開)新型コロナウイルス感染への対応について_注意喚起20201122.pdf

<活動における配慮事項>

1. 地域の感染拡大状況を注視し、スカウトたちの安全を第一に考えた活動を行う。

2. 活動内容の変更や延期、中止を視野に入れ、地域社会における感染拡大のリスクを高めないように努める。

3. 関係者全員(スカウト、指導者、ご家庭など)が、「新しい生活様式」の徹底に努

める。

<感染拡大の可能性がある場合>

1. 感染リスクはゼロにならないことを前提として、スカウト活動に関連した活動で、感染が拡大した、もしくは拡大の可能性が疑われるような事態があった場合は、関係者は各組織を通じた連絡(団→(地区)→県連盟→日本連盟)を速やかに行う。

2. この際に、感染者及びその家族等への差別・偏見・誹謗中傷などが生じないよう十分にサポートする。



日本連盟20201122 20-784号(教開)新型コロナウイルス感染への対応について_注意喚起20201122.pdf

新しい生活様式に合わせた活動再開


日本連盟20200821

 新型コロナウイルス感染への対応について_注意喚起20200821.pdf

私たちも集合活動の自粛から「新しい生活様式」にあわせた活動の再開へと踏み出しました

が、いま最も大切なことは、地域の感染拡大状況を注視し、スカウトたちの安全を第一に考えた活動を行うことです。また、私たちの活動は、普段の学校や職場の人間関係とは異なる集団を作って行うものであり、この活動が感染拡大の「ハブ(中継拠点)」になってしまうことは避けなければなりません。


日本連盟20200821スカウト活動における新型コロナウイルス感染への対応について(注意喚起).pdf

十分注意して実施

第10報20200704

 新型コロナウイルス感染への対応について(第10報).pdf

6月4日付でお知らせした第9報では、「新しい日常にむけて(今後の取り組み)」をお伝えし、これにより、

各地域での活動を再開していただきました。

第10報20200704 新型コロナウイルス感染への対応について(第10報).pdf

十分注意して実施

第09報20200604

 20-033号(教開)新型コロナウイルス感染への対応について_第9報2020604.pdf

5月31日まで活動自粛として要請してきた内容を「新しい日常にむけて(今後の取り組み)」として見直しました。

「新しい日常にむけて(今後の取り組み)」

1. 新型コロナウイルス感染症に対する考え方 

 1 感染リスクはゼロにならないということを前提として、感染およびその拡大のリスクを可能な限り低減させながら活動を行う。

 2 「3つの密」を避ける、基本的な感染対策を行う「新しい生活様式」に対応する。

 3 スカウト・指導者の家庭と連携する。

 4 感染者や濃厚接触者への差別・偏見・いじめ・誹謗中傷などを防止する。

2. 各県連盟・地域ごとの活動の基準(方針)

 1 「スカウト活動における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」の内容を確認してください。

 2 県連盟により活動の基準(方針)を定め、各団での活動再開が行われるよう要請をしていますが、都道府県内での活動の実施の可否やあり方は、スカウト、指導者などの生活圏における感染症のまん延状況により判断することが重要です。

 3 この判断を行ううえで、各地域の感染状況は、自治体等の発信を随時確認するとともに、地域の「学校」での対応を判断の参考としてください。

 4 とくに学校では、「分散登校」段階を終え、「短縮授業」に移行し、「部活動」などの実施可否状況が、スカウト活動を行ううえでの大きな目安となると思われます。

 5 ガイドラインでも文部科学省の資料を紹介していますが、県教育委員会、各市町村では、学校の再開について通常登校までを段階的に移行する計画です。ただし、この計画は、地域の状況により、同一県内などでも市町村によって異なります。

 6 各教育委員会への問い合わせ等、市町村に複数団がある場合など、各団からの直接の問い合わせでなく、県連盟(地区)などでご対応いただき、周知いただくなどご配慮ください。

3. 「新しい生活様式」の徹底による活動

 1 「新しい生活様式」におけるスカウト活動については、野外(屋外)において、感染につながる可能性が高い「3つの密」をすべて避ける活動内容での実施をお願いします。 (1密閉空間、2密集場所、3密接した会話)

 2 感染リスクが高い活動として、キャンプなどの宿泊を伴う活動については、野外活動であっても参加者相互が長時間にわたり接触することになりますので、夏季までは行なわないでください。なお、夏季とは、通常の「夏休み期間中」までを想定し、8月末を目安としますが、今後、延長する可能性はあります。

 3 活動毎の想定と対応例について、ガイドライン(ホームページで公開)に掲載していますが、今後も内容を更新し、提供していきます。

 4 各団からは、スカウトの保護者へ、コロナウイルス感染拡大防止のためのスカウト活動における対応を説明いただくとともに、各ご家庭での普段の生活の重要性もご理解いただくなどの連携をしてください。

 5 新型コロナウイルス影響下で新しい日常が定着する中、感染者や濃厚接触者への差別・偏見・いじめ・誹謗中傷などが危惧されています。学校でも「3つの感染症」とした注意喚起など指導されています。

第09報20200604 20-033号(教開)新型コロナウイルス感染への対応について_第9報2020604.pdf

十分注意して実施

第08報20200515

 20-022号(教開)新型コロナウイルス感染への対応について_第8報20200515.pdf

政府より47都道府県のうち39県で

新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除されました。

北海道、埼玉、千葉、神奈川、東京、京都、兵庫、大阪の8都道府県は引き続き宣言が継続されます。

今後、政府にて緊急事態宣言が全て解除されていく中、「新しい生活様式」に基づくスカウト活動のあり方を早急に示す予定です。

第08報20200515 20-022号(教開)新型コロナウイルス感染への対応について_第8報20200515.pdf

中止・自粛

5月4日

第07報20200504

 20-018号(教開)新型コロナウイルス感染への対応について_第7報20200504.pdf


政府対策本部は、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」について、実施区域を全国とした5月31日までの期間延長を発表しました。

第07報20200504 20-018号(教開)新型コロナウイルス感染への対応について_第7報20200504.pdf

中止・自粛

第06報20200417

 20-012号(教開)新型コロナウイルス感染への対応について_第6報20200417.pdf

政府対策本部は、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」について、来月6日までの期間、対象地域を全国に拡大することを発表しました。




第06報20200417 20-012号(教開)新型コロナウイルス感染への対応について_第6報20200417.pdf

中止・自粛

第05報20200403

 コロナウィルス感染への対応について(第5報).pdf

2020年5月6日(水)まで自粛(中止または延期)を延長します。

※4月8日 緊急事態宣言

第05報20200403 コロナウィルス感染への対応について(第5報).pdf

中止・自粛

第04報20200321

 新型コロナウイルス感染への対応について_第4報20200321.pdf

2020年4月5日(日)の春休み期間中まで自粛(中止または延期)を延長します。

感染拡大は留まる傾向にはなく、3月20日の政府からの発信でも感染の爆発的増加(オーバーシュート)が起こりうるため予断を許さない状況が続いているとし、国民に対して、1密閉空間で換気が

悪く、2多くの人が密集し、3近距離での会話や発声が行われるという3つの条件が同時に重なるような場を避ける行動をとるよう要請されています。

第04報20200321 新型コロナウイルス感染への対応について_第4報20200321.pdf

中止・自粛

第03報20200303

 新型コロナウイルス感染への対策について_第3報.pdf


活動の自粛(中止または延期)<2020年3月3日現在>2020年2月25日(火)~3月22日(日)までの活動の自粛(中止または延期)

第03報20200303 新型コロナウイルス感染への対策について_第3報.pdf

中止・自粛

第02報20200225

 新型コロナウイルス感染への対策について_第2報20200225.pdf


当連盟では、政府基本方針に則り、2週間以内に予定されている事業 (会議、行事)を 自粛する

こととし、中止または延期することとしました。各県連盟~団、隊においても同様に2週間の活動の自粛にご協

力くださるようお願いいたします。

第02報20200225 新型コロナウイルス感染への対策について_第2報20200225.pdf

中止・自粛

第01報20200221

 新型コロナウイルスへの対策について(緊急) (1).pdf


2月 20日政府から感染拡大防止の観点からイベント開催に関しての協力が呼びかけられています。

この政府発表を受けて、当連盟では自らの事業のみならず、各県連盟の諸事業を加え、団・隊による活動につきましても、政府方針に2挙づいた対応をすることとし場合によっては開催の中止、延期をすることとします。

第01報20200221 新型コロナウイルスへの対策について(緊急) (1).pdf