バケツ田植え

2021年のバケツ田植えはコロナウイルス感染防止のため、各家庭で行うこととしました。

2020年のバケツ田植えはコロナウイルス感染防止のため、各家庭で行いました。

2019年5月19日(日)バケツ田植えを行いました。

普段、何気なく食べているお米は誰がどうやって栽培しているのでしょうか。

 小金井第2団では毎年、田植えから収穫までのプロセスを体験するプログラムを行っています。

 ごはん茶碗一杯のごはんはいったい何粒のコメでできているのでしょう。

 それは、何本の稲穂でできるのでしょうか、そのためにはどれだけの田んぼが必要でしょうか「スカウトは感謝の心をもつ」とありますが、この体験を通じて、一粒のお米ができるまでのいろいろなプロセスを体験することで、感謝の心に触れることのできるようなプログラムです。